ダイエット 健康

食後の眠さは身体の危険のサインである理由とは?

投稿日:2014年12月5日 更新日:

あなたは食事をとった後に食休みといって休息や仮眠をとることがありませんか?実は食後に襲われる眠気はあなたの体に健康上の危険があることを示すサインであったって知ってましたか?

スポンサードリンク

朝食後は体がだるく、昼食後は眠気に襲われ、夕食後は一日の疲れで動けない。

こんな兆候がある人はあなたに限らず周りにもたくさんいらっしゃいますよね。だからそれが当たり前になっているのですが、よくよく考えてみてください。私たちは何のために食事をとっているんでしょうか?

「そんなの、生活するため、健康のために決まってるじゃないか!」「食べなかったら倒れちゃうよ」
そんな声が聞こえてきそうですね。

そうです。私たちは生活や健康のため、または体の癒しとしても食事をとっています。しかし、実際食後はだるさや眠気を感じて活動するのに支障をきたしています。

これって、はっきり言って本末転倒ですよね。私たちは習慣という名のもとに毎日三回、本末転倒を起こしているのです(笑)

そこでなぜこのようなことが起こるのかを考えてみたところ、一つの仮説にたどり着きました。

原因は糖質の過剰摂取だった?

見出しにもあるように糖質の過剰摂取が原因で私たちの体は疲れているのです。

「えっ、糖質って私は甘いものは全然食べないよ!!」

こう思われた方もたくさんいらっしゃいますよね。確かに甘いお菓子等を食べてないのに。
でも、私たちは習慣として糖質を過剰に摂取しています。当たり前として食べている米、パン、麺等の炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものです。

それでは、糖質をとるとどのようなことが体の中で行われるのでしょうか?

  1. 血糖値が上がる
  2. 筋肉に糖が取り込まれエネルギーとして使われる
  3. 使われない分は血液中に残る
  4. 血糖値を下げようとしてインスリンが分泌される

一日三食、炭水化物をとることで三回もこのことが行われます。

ちなみインスリンは膵臓から分泌されます。一日に三回、甘いものを間食している人はそれ以上使います。
膵臓が疲れるのも無理ないですよね。だって、あなたは毎日三回、筋トレやランニングをしたら絶対に疲れますよね?(度合いによって違うだろっていう反論はなしでお願いしますね)

他にもだるさ、眠気を起こす原因がある!

実は炭水化物って消化に悪いって知っていましたか?その真相についてはこちらの記事にまとめておきましたので、一緒に読んでいただけると幸いです。

実体験からわかる、糖質制限がシンプルに身体に良い3つの理由

何のために食事をとるのか、あなたの食事が本末転倒を起こしているということに気づいていただけたなら幸いです。

-ダイエット, 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

lump-sugar-549096_1280

実体験からわかる、糖質制限がシンプルに身体に良い3つの理由

糖質制限ダイエットは今や知らない人がいないと言えるぐらいに有名なダイエット方法の一つになりましたね。ただ、どうして効果があるのかはわからない人が多いのではないでしょうか。 そこで今回は難しい専門用語が …